1. Top
  2. >元気になる
  3. >体の健康
  4. >生活習慣改善(健康)
  5. >実はすごい「ラジオ体操」の効果とは?心と体の健康に役立つ理由
ラジオ体操をする女性

実はすごい「ラジオ体操」の効果とは?心と体の健康に役立つ理由

多くの人が一度はやったことがあるラジオ体操。実はさまざまな効果が期待できることを知っていますか? しっかりと行えば、私たちの心と体の健康に役立ちます。今回はラジオ体操の効果やコツ、注意点を解説します。

この記事をシェアする

ラジオ体操の効果は?

学校や地域の集まりなどで、子どもの頃に一度はラジオ体操をやったことがある人も多いのではないでしょうか。当時は面倒くさい、早起きがつらいと思いながら、ラジオ体操をやっていた人もいるかもしれませんね。

日本人なら多くの人がやったことのあるラジオ体操ですが、実はすごい効果があるのです。ラジオ体操はしっかりと行うことで、心と体の健康に役立つさまざまな効果が期待できます。

そもそもラジオ体操は、国民の体力向上と健康の維持や増進を目的として、1928年から放送が開始されました。ラジオ体操は第一・第二・第三の3つがあります。私たちがよく知るラジオ体操は、「ラジオ体操第一」です。ラジオ体操という名称は、文字通り、1928年にNHKラジオで放送されたことで呼ばれるようになりました。

ラジオ体操に期待できる効果には、次の5つがあります。

  • 体型の維持
  • 血管を若々しく保つ
  • 呼吸機能を保つ
  • 骨粗鬆症の予防
  • 心身状態を良好に保つ

これらのすばらしい効果について、次からくわしく解説していきます。

出典:「ラジオ体操の実施効果に関する研究調査」より。

体型の維持

散歩中の女性

一つ目は、体型の維持です。ラジオ体操を継続して行なっている人は、上腕周囲長・上腕三頭筋皮下脂肪厚・下腿周囲長が、「日本人の新身体計測基準値(Japanese anthropometric reference data)」という指標の基準値よりも、ほぼすべての年齢階級で上回った、と報告されています。

これは分かりやすくいうと、二の腕の太さや脂肪、太ももの太さが細かったということ。これらは肥満度をあらわす「BMI」や体脂肪率との関連性が高く、基準値よりも高いということは、同年代の人よりも体型維持されていると考えられます。

筋トレで痩せない理由は?脂肪が落ちない原因と痩せるためのポイント

血管を若々しく保つ

二つ目は、血管を若々しく保つ効果です。ラジオ体操を継続して行なっている人は、調査によると実年齢よりも血管年齢が若いと推測されています。

年齢と共に血管も老化します。ラジオ体操で若々しく保つことができる可能性があります。

呼吸機能を保つ

三つ目は、呼吸機能を保つ効果です。男女ともに69歳以下と70歳前半のラジオ体操を継続している人は、予想される呼吸機能よりも高い機能が維持されていました。

呼吸機能の低下は、加齢にともない呼吸するための筋肉が衰えたり、姿勢が崩れて胸が動きにくくなったりすることが要因です。ラジオ体操は筋肉や姿勢、体の柔軟性などに良い影響を与えることから、呼吸機能を保つ効果が期待できます。

骨粗鬆症の予防

四つ目は、骨粗鬆症の予防です。骨粗鬆症は骨密度が低下して、骨が折れやすい状態になる病気です。なぜラジオ体操で骨粗鬆症の予防になるかというと、飛び跳ねる運動によって骨に刺激が加わることで骨密度を高められるからです。

骨は運動で適度な刺激が与えられると、骨密度が高くなる性質を持っています。そのため、ラジオ体操を習慣にしている人は、骨粗鬆症の予防効果が期待できるというわけです。

心身状態を良好に保つ

リラックスしている女性

五つ目は、心身状態を良好に保つ効果です。健康に関する質を評価するスコアで、ラジオ体操を継続している人は、「身体機能」「活力」「日常役割機能(精神)」の項目で国民基準を大きく上回ったと報告されています。

ラジオ体操で健康状態を良好に保っていると、日常生活を大きな支障なく過ごせるでしょう。その結果、心も体も良好な状態になっていると考えられます。

ラジオ体操の効果を高めるポイント

このようにラジオ体操にはさまざまな効果が期待できます。より効果を高めるには、ただなんとなく行うのではなく、ポイントをおさえて行うことが大切です。

次からは、ラジオ体操の効果を高めるポイントを紹介します。実践するときに少し気をつけて行ってみましょう。

全身を大きく動かす

ラジオ体操を行うときには、全身を大きく動かすことを意識しましょう。動きが小さいと筋肉の伸びが足りなかったり、負荷が不十分になったりします。

体をできるだけ大きく動かし、全身の筋肉が伸びるように行ってください。

1つずつの動きを確実に

ラジオ体操は、1つずつの動きを確実にしっかりと行いましょう。ラジオ体操第一は、13種類の運動から構成されています。

それぞれの運動ごとに、使う筋肉や関節が異なるため、1つずつ動きを確実に行うことで、ラジオ体操の効果をより高めることができます。手足をしっかり伸ばすことや動きにメリハリをつけることを意識して、丁寧に行いましょう。

毎日継続する

ラジオ体操をしている女性

習慣にするのはなかなか難しいですが、できるだけ毎日継続して行いましょう。ラジオ体操に限らず、どのような運動にもいえることですが、1回やっただけでは大きな効果は得られません。

継続して行うことで、ラジオ体操の効果が発揮されます。ラジオ体操第一は、一回あたり3分ほど。隙間時間でもできる体操なので、毎日時間を見つけて実践することをおすすめします。できる人は、1日1回ではなく、複数回行うのが理想的です。

ラジオ体操を行うときの注意点

ラジオ体操は、国民の健康を目的に作られたものなので、誰でも取り組みやすい体操です。しかし、注意点を理解せずに行うと、思わぬケガにつながってしまうかもしれません。

ラジオ体操は、次にあげる点に注意して行いましょう。

体調が悪いときには無理をしない

毎日継続して行うことは大切ですが、体調が悪いときには無理をしないようにしましょう。ラジオ体操は運動である以上、少なからず体に負担がかかります。

体調が悪いときに無理をして行なうと、悪化してしまうかもしれません。また、毎日続けなくては! と無理をしても、結局体調を崩して、翌日以降にできなくなっては元も子もありません。

そのため、体調がすぐれないときには無理をせずに休んで、体調回復に努めましょう。

手足がぶつからないように広いスペースで

ラジオ体操は手を大きく振ったり、足を広げたりする運動があるため、手足がぶつからないように広いスペースで行いましょう。近くに人や物があると、ぶつかってケガをしてしまうかもしれません。

屋外、室内問わず、手を左右に広げても何も当たらないくらいに、十分なスペースを確保してから行います。

バランスに不安がある人は座って行う

座ってラジオ体操

体のバランスに不安がある人は、転倒を予防するために座って行いましょう。

高齢の人や筋力が少ない人などは、ラジオ体操中にバランスを崩して転倒してしまう可能性があります。健康のためにラジオ体操をしているのに、ラジオ体操が原因でケガをしてしまったら本末転倒です。

ラジオ体操は立ってやるものだと思うかもしれませんが、イスに座った状態でも上半身を中心に体を動かすことができますし、それだけでも効果が期待できます。バランスに不安がある人は、無理をせずに座って行いましょう。

ラジオ体操の効果は体の健康だけではない

ラジオ体操に期待できるのは、体の健康だけではありません。他にも期待できる効果があります。

規則正しい生活が送れる

ラジオ体操を毎日決まった時間に行うことで、リズムが整い、規則正しい生活が送れるようになるでしょう。例えば、毎朝ラジオ体操を行うようにすれば、決まった時間に起きる必要があります。朝、その時間に起床するためには、前日の就寝時間も調整しなければなりません。

このようにラジオ体操を毎日の生活に取り入れるだけで、規則正しい生活が送れるようになるわけです。また、朝にラジオ体操で全身の筋肉を動かせば、スッキリと目が覚めるでしょう。

地域の活性化

みんなでラジオ体操

ラジオ体操は、地域の活性化にもつながります。地域によっては、決まった時間にラジオ体操会を開催しており、誰でも参加できる場合があります。

地域の人と一緒にラジオ体操を行うことで、顔見知りの人が増えたり、コミュニケーションをしたりと、地域が活性化されるメリットもあるでしょう。また、一緒に参加している人と約束をすることで、一人で行うよりもラジオ体操を楽しみながら習慣化することができます。

ラジオ体操のQ&A

さまざまな健康効果やメリットのあるラジオ体操。最後に、ラジオ体操に関する素朴な疑問に答えていきます。

ラジオ体操は夜にやっても良い?

ラジオ体操は夜にやってもOKです。ただし、就寝する2時間前よりも後にやるのは、おすすめしません。就寝する直前に運動をすると体温が上昇してしまい、体が睡眠に適した状態ではなくなってしまいます。すると、入眠までの時間が伸びたり、睡眠時間が短くなったりと悪影響があります。

一方で、就寝の2時間前に運動を終わらせておくと、睡眠に良い影響があるといわれています。夜にラジオ体操をする場合は、就寝まで2時間以上の時間が空けられるように行いましょう。

ラジオ体操はどこでできる?

ラジオ体操は、アプリで音楽をダウンロードすることができ、スマホさえあれば流すことができるため、環境が整えばどこでもできます。地域によってはラジオ体操会を開催しているので、参加してみるのもおすすめです。

また、毎日6時30分からNHKでラジオ体操のテレビ放送があるので、タイミングを合わせて朝起きるのもいいでしょう。ラジオ体操は、室内でも外でも、どちらで行ってもかまいません。続けやすい場所で、できるだけ継続して行いましょう。

まとめ:ラジオ体操はさまざまな効果が期待できる全身運動

ラジオ体操は、さまざまな効果が期待できる全身運動です。体の健康はもちろん、心の健康や生活習慣の改善にも効果的です。

運動が健康に良いとわかっていても、ジョギングやジムで運動するのは、なかなか難しいという人もいるかもしれません。そんな人もラジオ体操であれば、自宅でも簡単にできるのでおすすめです。

何をやっても運動が続かない人こそ、ラジオ体操を日々の健康習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る