1. Top
  2. >きれいになる
  3. >ダイエット
  4. >トントン「尻たたき」で “霜降り肉”の脂流し!冷え改善、小尻 & 美脚に

トントン「尻たたき」で “霜降り肉”の脂流し!冷え改善、小尻 & 美脚に

ゴロンと寝転んでお尻をトントンするだけで、お尻の筋肉の奥深くにある「深部リンパ」がよく流れるようになり、大きな脂肪の細胞や老廃物を洗い流せます! 下半身の巡りがUPして冷え性も改善、太ももやデカ尻がすっきりスリムに。

この記事をシェアする

お尻の詰まりを開放して、脂肪・老廃物をドッと流す!

「全身の老廃物を回収するリンパ管は、血管に沿って張り巡らされています。お尻や脚を引き締めるなら、筋肉の中にある『深部リンパ』にアプローチして」と、ビューティースペシャリストの夜久ルミ子さん。リンパ液全体の94%は深部リンパに流れ、老廃物を流しています。深部リンパは〝ゴミ捨て場〟のようなもので、細胞の大きい脂肪や老廃物を回収して排出。特に筋線維のまわりは脂肪を溜め込み、霜降り状態になりやすいので、深部の詰まり解消が大切。深部が巡れば、浅部も自然と流れます。

リンパ構造イラスト
筋肉に圧をかけて、筋線維中にある老廃物を処理するリンパ管の中継地点「深部リンパ節」を刺激することで、滞りを解消。リンパ液とともに老廃物や余分な脂肪もスムーズに流れます。続けることで、脂肪がたまりにくく排出されやすいヤセ体質に!

冷えや運動不足などで詰まったリンパ節が開放されると、血流が上がり代謝もアップ! 冷えも解消され、脂肪が溶けやすい体に。
筋肉が集まるお尻の横をほぐせば、下半身の巡りが改善し、太ももやデカ尻もスッキリ。
「お風呂上がりが最も効果的。リンパ中の脂肪や老廃物は尿として排出されるので、意識して水を飲んでくださいね」

尻たたき三大効果
[血流アップ]
お尻をたたく刺激で、深部リンパが開放。老廃物がスムーズに排出され、血流がアップ!

[代謝アップ]
全身に血液が巡ると酸素や栄養が隅々まで届くように。体は熱を作り、代謝がアップ!

[脂肪分解]
代謝が上がると脂肪の分解が進みます。余計な脂肪がどんどん燃焼されるように。

トントン「尻たたき」 のやり方

尻たたき写真

体の左側を下にして、床に横になる。
左ひじは床につき、手で頭を支える。
左脚は伸ばし、右脚はひざを曲げる。

尻たたき写真

右手を握り、お尻の右外側にある大転子付近をトントンと10回たたく。
続いて、お尻の右側全体をトントンと10周たたく。
この時、曲げた右脚を胸に寄せるように動かしながら行うと効果的。
左側も同様に行う。


【大転子:だいてんし】
太ももの骨である大腿骨(だいたいこつ)の上部、お尻の外側にある突起。
中臀筋など、お尻周辺の多くの筋肉とつながっています。
刺激することでお尻全体の老廃物が排出されやすい状態に。

尻たたき写真

そ径部をさすり流す

鼠径部写真

手のひら全体で脚のつけ根部分「そ径部」を内側に向かってさすり、リンパを5回流す。
左側も同様に。

老廃物を体外に排出するため、水分をしっかり摂取するようにして。


※注意!
リンパ節の詰まりが解消されると、細菌類も体内を巡りやすくなります。
熱があるなど体調が悪い時、悪性腫瘍がある人はマッサージを避けてくださいね。

撮影/神尾典行 モデル/清家祥子 イラスト/カシワギマリ
(からだにいいこと2020年2月号より)

この記事を書いた人

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る