1. Top
  2. >元気になる
  3. >体の健康
  4. >女性の不調
  5. >足裏・土踏まずをボールでほぐして更年期・生理の不調を改善!
美しい子宮エクサTOP

足裏・土踏まずをボールでほぐして更年期・生理の不調を改善!

更年期や生理の症状にお悩みの人は、土踏まずのアーチが崩れているのかも。足裏の反射区をほぐして筋肉の緊張をとけば、子宮や卵巣の働きが復活し血流もアップ。ゴルフボールを使ったマッサージで、女性ホルモンのバランスを整えましょう!

この記事をシェアする

まずは土踏まずの健康チェック!

土踏まずは健康のバロメーター。まずは、自分の身体を知るには足の裏からです。自分の土踏まずに問題がないか、2つの方法でチェックしましょう。

横から見た土踏まずの高さは、1cmくらいがベスト!

横から見た土踏まずの高さは、1cmくらいがベスト!
足の裏を床につけて横から見たとき、1cmくらいの空きがありますか? 空きすぎても、空きが少なくてもNG。疲れやすくなったり、腰痛にも。

足の指を全部上げられる?

足の指が床から2cm以上浮けばOK
床にまっすぐ立った状態で、足の指を全部上げてみて。2cm以上浮きますか? 指が上がらない人は、足裏の筋力が弱り、骨格がゆがんでいる可能性があります。

土踏まずをほぐすといいこと

イラスト[その1]老化で滞りがちな赤血球の流れがよくなり、体が若返る

[その1]老化で滞りがちな赤血球の流れがよくなり、体が若返る
土踏まずのアーチがくずれると足の筋肉が緊張し、ふくらはぎまで硬くなります。すると全身の血流が滞ることに。体の末端にある土踏まずは、血流がよどみがちなので、ほぐすと血流がアップします。加齢によって滞りがちな赤血球の流れもよくなり、全身に栄養や女性ホルモンが行き渡り、体が若返ります。

[その2]骨盤の位置を元に戻して、子宮や卵巣を活性化
土踏まずが硬いと、緊張した足の筋肉に骨盤がひっぱられて、骨盤が後ろに傾いて、姿勢が悪くなります。土踏まずをほぐせば姿勢が整い、骨盤内のスペースが広くなり、婦人科系臓器の働きが活発に!子宮や卵巣の働きが活性化し、更年期障害を予防したり、生理の不調が改善します。

女性ホルモンの増加をサポートする反射区

足の裏には全身の臓器や器官などに対応する反射区があります。女性ホルモンに関係するのは、副腎と生殖器。足裏では土踏まずの上部と下部が反射区です。ここを意識してほぐしてケアし、女性ホルモンの増加をサポートしましょう。 

ゴルフボールでコロコロ土踏まずほぐし

土踏まずのマッサージには、ゴルフボールがぴったり!それでは早速、足の裏をマッサージケアしていきましょう。

イスに座りながら、ゴルフボールで土踏まずを刺激。手でもむより強めの圧をかけられて、イタ気持ちよさがヤミツキになります。モコモコ靴下の中にゴルフボールを入れて行ってもOK!

土踏まずゴルフボールマッサージ

ゴリゴリするところは、血流が滞っているので重点的にほぐして。女性ホルモンアップには、土踏まずの上部と下部を重点的に行いましょう。

土踏まず足湯

洗面器に土踏まずが浸かる程度に浅くお湯をはり、足湯をするのも効果的。足裏は高めの温度でも熱さを感じにくいので、短時間で温まります。

土踏まず足湯

【やり方】片足が入る大きさの洗面器に、48度くらいの熱めのお湯を1㎝程入れる。足をつけて2~3分。足の甲にお湯がかかると熱いので注意して。

お風呂でゆったり土踏まずほぐし

全身が温まる湯船の中で、土踏まずほぐしマッサージをするのもおすすめです。

お風呂でも湯船で土踏まずほぐし

【やり方】湯船に浸かり、片方のひざの上に反対の足をのせて、両手で足を抱え、親指で土踏まずをもみましょう。2~3分軽い力で指圧するだけで、末端にたまった血流が即効で改善!

簡単なのに効果がある土踏まずほぐし。テレビを見ながら、家事や仕事の合間、お風呂ついでにホルモンケアができちゃいます。ぜひお試しくださいね。

撮影/福島章公 モデル/西秋愛菜 イラスト/林 幸
(からだにいいこと2015年5月号より)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る