1. Top
  2. >きれいになる
  3. >美容
  4. >促進効果「仙人体操」で即効美肌に

促進効果「仙人体操」で即効美肌に

50歳にして驚きの年齢不詳肌を持つ、美容家の水谷雅子さんが毎日実践しているケアを、4回に分けてご紹介。第3回は水谷さんおすすめのマッサージです。

この記事をシェアする

「“やるぞ!”と意気込んで手間のかかるケアを始めても、なかなか長続きしません。お風呂に入ったり、歯を磨いたり、毎日必ずすることと同じ流れでできるケアを生活に組み込むと、それが美肌の土台になります」と、奇跡の美肌を持つ美容家の水谷雅子さん。

毎日のケアに組み込みやすい美肌メソッドとして、水谷さんが実践しているのが「仙人体操」です。

鼻呼吸とマッサージを同時に行い代謝をアップ

「仙人体操」とは、「鼻から吸って、鼻から吐く」呼吸とリンパマッサージを同時に行う、タイで生まれた健康法。リラックス効果の高い腹式呼吸をベースに、呼吸を一時的に止めることで、全身の血行を促進し、加齢によって下がってしまった新陳代謝を上げ、肌の調子を整えます。

顔のしわを伸ばして血流アップする「全顔流し」

水谷さんのおすすめは「かっさ」を使ったやり方ですが、かっさがない場合は手を使って行ってください。

1 ) かっさまたは中指で眉間の両脇の骨を押し、鼻から息をゆっくり吸ってお腹を膨らませ、息を止めます。

血流アップ「全顔流し」

2)5秒後、鼻から息を吐きながら、額の中央→こめかみ→耳前→あご下の順に、かっさまたは指をスライドします。

額の中央

額の中央

こめかみ

こめかみ

耳前

耳前

あご下

あご下

これを3~5回くり返します。

頬のたるみをリフトアップする「頬流し」

1)口を覆うように手をおいて、親指以外の4本で頬骨の下を押し、鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、息を止めます。

頬たるみリフトアップ「頬流し」

2)5秒後、鼻から息を吐きながら、口→耳下に向けて手をスライド。

頬のたるみをリフトアップする「頬流し」

左右各3~5回行います。

ツボを刺激しストレスを解消する「耳さすり」

1)人差し指と中指で左右の耳をはさみ、鼻から息をゆっくり吸ってお腹を膨らませ、息を止めます。

2)5秒後、息をゆっくり吐きながら上下に10回さすります。

ツボを刺激しストレスを解消する「耳さすり」

3~5回くり返します。

5秒間息を止めるのがポイントです。
朝晩のお手入れのついでに行って、美肌を手に入れましょう!


イラスト/chieko
(からだにいいこと2017年2月号より)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る