1. Top
  2. >楽しむ
  3. >連載
  4. >床が見えないほど汚い部屋を片付ける5ステップ|西原三葉さん 汚部屋改善レッスン

床が見えないほど汚い部屋を片付ける5ステップ|西原三葉さん 汚部屋改善レッスン

床が見えないほど部屋が汚すぎて、片付けたくてもあきらめモードになっていませんか? 今回は、そんな汚部屋を効率よく片付ける方法を解説します。

この記事をシェアする

床が見えない部屋を片付けるときの準備物

汚部屋の片付けに必要なのは、自宅にある入れものだけ。

床が見えないほどものが散らかっていると「片付けのために色々と用意しなくては」と思いがちですが、あれこれ準備する必要はありません。

・家にある入れもの(紙袋 、ダンボール、 お手持ちの収納ボックスをあればあるだけ)

を用意しましょう。

家にある入れもの

本腰を入れて片付けようとする人に多いのが、まず収納ボックスを買うこと。実はこれが間違いです。

先に収納ボックスを買うと、入れたいものとボックスのサイズが合わず、かえって必要な収納場所を奪ってしまうことも。せっかく買った収納ボックスが余ってしまいます。

まずは、どこの家庭にもある「紙袋」や「ダンボール」などを収納ボックスの代わりに使って片付けを始めましょう。

片付けが終わった後に、スペースに合った収納ボックスを買い足しても、遅くはありません。

片付けが苦手な人は、もらった紙袋を捨てられない傾向にあります。片付けをきっかけに部屋に眠った紙袋を有効活用しましょう。

床が見えない部屋を片付けるための5ステップ

床が見えない部屋

いざ片付けを始めようと思っても、床が見えないほどものがあふれていたら、どこから手をつけるべきか頭を悩ませてしまいますよね。

次から、効率よく「床が見えない部屋」を片付ける手順を紹介します。

「片付けられない」に悩んでいる人も、この5ステップで挑戦すれば、きっと部屋がキレイになるはずです。

Step1. 部屋を見て、何が多いのかを分析

Step1. 部屋を見て、何が多いのかを分析

まずは、部屋を全体的に見渡して、どんなものが多いのかを分析しましょう。

効率よく片付けを進めるには、このステップがとても大事になります。

自分の部屋に一体何が多いのかを把握し、多いものから片付けることで、早く床が見えてきます。

床にスペースができると、それ以降に片付けをする作業スペースが広くなり、スムーズに片付けが進行します。途中で挫折しないためにも大切なステップです。

Step2. 多いものからざっとまとめてみる

Step2. 多いものからざっとまとめてみる

次に、Step1で最も多かったものを拾い、部屋のどこか1カ所に集める作業をします。

例えば、「服」や「本」「ダンボール」が多いときは、まず部屋の四隅にスペースを作ります。そこに、「服だけを集めた山」「本だけを集めた山」「ダンボールだけを集めた山」「その他のものを集めた山」を4つくらい作るのです。

この段階での分類分けは、ざっくりで大丈夫。とにかく部屋を占領しているものを、1つに集めて山にしていきます。

片付けるときに、捨てるものは、直置きではなくゴミ袋に集めておくと、作業の工数が減ります。

部屋の中の多いものを1カ所に集めておくことで、床がだんだん見えてきて、片付け作業がしやすくなります。

Step3. ものの山をさらに分類分け

Step3. ものの山をさらに分類分け

次は、ざっくり集めたものの山を、さらに分類分けします。

ここで、先に準備していた「家にある入れ物」の出番。

例えば、「服だけを集めた山」から、「夏物」「冬物」「春秋物」に分けます。

判断するのが難しい人、めんどうな人は、「今シーズン着るものか」「そうではないか」でOK。

分けたものを、家にある入れもの(紙袋 、ダンボール、 お手持ちの収納ボックス)に入れていきます。

これと同じように、作った全ての“山”を分類分けしていきます。

一度に全ての山を仕分けるのが難しい人は、この作業を少しずつ進めましょう。途中で一旦休んだり、作業を何日にも分けていいので、負担にならない程度の作業量で行います。

Step4. 分類分けしたものを「使うもの」と「使わないもの」で分けて収納

Step4. 分類分けしたものを「使うもの」と「使わないもの」で分けて収納

次は、Step3で分類したものをさらに、今後「使うもの」か「使わないもの」かに分けます。

このとき、新しいダンボールや紙袋に「使うもの」と「使わないもの」を仕分けましょう。

片付けが苦手な人の中には、ものを捨てることに抵抗がある人が多いのでは?

「捨てたくない」「捨てていいかわからない」「決められない」ときは、無理に捨てなくても、「使わないもの」として一時的に分けておき、後で振り返ったときに、捨てるかどうかを判断しましょう。

片付け後に、収納した日付を「使わないもの」の入れものに書いておけば、数カ月経ったときに「いる」か「いらない」かを冷静に考えることができます。

Step5. 使わないものをふだん使わない場所に収納

Step5. 使わないものをふだん使わない場所に収納

最後に、「使わないもの」はクローゼットの奥や下の段などの取り出しにくい場所に、「使うもの」はクローゼットや棚の手前の取り出しやすい場所に収納しましょう。

また、「使うもの」の中でも頻繁に使うものは、「扉がない棚」や「蓋のない収納ボックス」などの“ワンアクション”で取り出せる場所にしまっておくと、ものの出し入れが楽になり、散らかりにくくなります。

片付けた後、キレイな状態をキープするには、ものの収納場所が大切です。

リバウンドの原因は、使ったものを元の場所に戻せないこと。それは、ものの出し入れがしにくいの収納場所だったからかもしれません。

頻繁に使うものほど、棚の手前やふたのない収納など、簡単に取り出せて、簡単にしまえる場所を定位置にしてください。

収納するときは、見栄えをよくするために、分類分けに使った紙袋やダンボールではなく、ケースに移し替えてもOK。

最後に、床が見えないほど部屋が汚いと、気が滅入ってしまい、片付けを「また今度」「次の連休には…」と先延ばしにしてしまいがちです。

片付けは、一気に進めなくても大丈夫。まずは「床の一部が見える」ことを目標にはじめてみましょう。

イラスト/いしかわひろこ

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る