1. Top
  2. >暮らす
  3. >編集部TOPIC
  4. >グランプリは『無人島の夕日に癒されながら』。Life with Coffeeフォトコンテスト2019が開催。

グランプリは『無人島の夕日に癒されながら』。Life with Coffeeフォトコンテスト2019が開催。

10/1は国際コーヒーの日。全日本コーヒー協会が第4回目となるフォトコンテストを開催しました。約6500件の応募から選ばれた『無人島の夕日に癒されながら』ほか、コーヒー片手に鑑賞したい素敵な作品をご紹介します。

この記事をシェアする

全日本コーヒー協会主催の「Life with Coffeeフォトコンテスト」は今年で4回目の開催。応募者数は年々増加し、今年は約6500件の応募がありました。
「くつろぎwith Coffee」「愛する人とwith Coffee」「アウトドアwith Coffee」「仕事の合間 with Coffee」「旅先でwith Coffee」「インスタグラムでwith Coffee」の合計6部門、それぞれの受賞作品の紹介と表彰が行われました。

グランプリは「アウトドアwith Coffee」部門の『無人島の夕陽に癒されながら』。

『無人島の夕陽に癒されながら』
『無人島の夕陽に癒されながら』北海道 野呂 圭一(のろ けいいち)氏
via www.life-with-coffee.com

6部門のグランプリは、アウトドアwith Coffee部門、北海道 野呂 圭一(のろ けいいち)氏の『無人島の夕陽に癒されながら』が受賞しました。

野呂さんは北海道在住で、普段から自然を撮影しているそう。受賞に関して、「コーヒーが大好きで、家でも職場でも愛飲しているので、コーヒーの神様がご褒美をくれたのかな」とコメント。

くつろぎwith Coffee部門賞:『ばーちゃんのホットする時間』

『ばーちゃんのホットする時間』
『ばーちゃんのホットする時間』山口県 石丸 弥智江(いしまる やちえ)氏
via www.life-with-coffee.com

作品コメント:
仕事の合間に珈琲を飲みながら猫とおしゃべりをするのが、
ばーちゃんの幸せな時間らしい。

愛する人とwith Coffee部門賞:『妻のための青空カフェオープン』

『妻のための青空カフェオープン』
『妻のための青空カフェオープン』岡山県 勝間 博志(かつま ひろし)氏
via www.life-with-coffee.com

作品コメント:
妻がお気に入りの場所で美味しいコーヒーを飲んでもらいたく、
一日青空カフェ店員となりました。

アウトドアwith Coffee部門賞:『無人島の夕陽に癒されながら』

『無人島の夕陽に癒されながら』
『無人島の夕陽に癒されながら』北海道 野呂 圭一(のろ けいいち)氏
via www.life-with-coffee.com

作品コメント:
北海道洞爺湖の無人島で、沈みゆく夕日を眺めながらのコーヒー。
至福のひと時でした。

仕事の合間 with Coffee部門賞:『農作業の合間に』

『農作業の合間に』
『農作業の合間に』山梨県 比嘉 ミゲル(ひが みげる)氏
via www.life-with-coffee.com

作品コメント:
葡萄農家の母と手伝いをする娘。母の大好きなミルクが
たっぷり入ったコーヒーを飲みながら一休み。

旅先でwith Coffee部門賞:『ひととき』

『ひととき』
『ひととき』大分県 竹本 和彦(たけもと かずひこ)氏
via www.life-with-coffee.com

作品コメント:
ある老舗の珈琲店。一息つくところを、マスターはハンドピッキングしているのが落ち着くようでした。

インスタグラムでwith Coffee(インスタグラム賞 ゴールド):『珈琲を注ぐ、好きな瞬間。』

『珈琲を注ぐ、好きな瞬間。』
『珈琲を注ぐ、好きな瞬間。』北海道 猪俣 あきこ(いのまた あきこ)氏
via www.life-with-coffee.com

作品コメント:
珈琲の香りと湯気。注ぎ終わる、最後の一滴まで。
いつもこの瞬間がとても好きだ。

キャンペーンサイトでは他の受賞作品や応募作品も

Life with Coffee フォトコンテスト2019

Life with Coffee フォトコンテスト2019
キャンペーンサイトでは他の受賞作品や応募作品全てがご覧いただけます。
コーヒー片手に素敵な写真を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る