1. Top
  2. >元気になる
  3. >体の健康
  4. >カムトレ×美腸でお腹から元気になる!

カムトレ×美腸でお腹から元気になる!

全身の健康や美容に関わる「噛む力」について様々な分野から学ぶ「カムトレ」連載。
今回は、「美腸」と「噛むこと」がテーマです。腸を美しく保つことは心身ともに元気でいられる最高の秘訣♪ 今すぐできる簡単な腸もみストレッチにも注目!

#PR

この記事をシェアする

生活改善で腸が美しくなれば、人生が変わります!

カムトレ特別講座シリーズの第3回は、日本美腸協会の代表理事、小野咲さんの登場です。

「便秘など腸の不調で悩む声をよく聞きます。しかしこれは腸内環境を整えれば改善できますよ。“美腸”は人生を明るくします!」

実は小野さんも、以前は便秘に悩まされていたそう。看護師時代に肌で感じた“腸の不調は心身に悪影響をもたらす”エピソードのお話の後、腸もみストレッチを伝授。

腸活
まずは自分の腸の状態チェック!  次に「腸の魅力」「噛むこととの関連性」について学びました。

美腸とは? 腸を美しく保つことで、心身も健やかに

腸は消化吸収して免疫細胞を作り、セロトニンを作る

食べ物の栄養の約9割を吸収する臓器が小腸。また、体内の免疫細胞の約7割を作り出すとも言われています。さらに精神安定に影響を与えるホルモンのセロトニンも、なんと9割が腸で作られているとか。腸を美しく保つことで、心身も健やかになるのです。

噛むことによる腸への影響はこんなにある!

噛むことの影響

【 1 水溶性食物繊維をよく噛むとお通じに良い】

食物繊維をしっかり噛んで腸に届けることが消化に役立ちます。特に海藻などのアルカリ性の水溶性食物繊維が消化に良いですよ。同時に、水分もしっかり摂りましょう。

●水溶性食物繊維を豊富に含む主な食品 もずく・オクラ・なめこ・アボカド・長芋・里芋・海藻類 

【2 発酵食品も噛むことで美腸パワーがアップ!】

善玉菌を増やす働きのある発酵食品も積極的に摂りたい美腸食。消化によいと言われますが、さらによく噛むことで消化を促し腸内細菌を助けてくれます。

●主な発酵食品 納豆・味噌・キムチ・ヨーグルト・チーズ・麹・醤油など 

【3 腸のぜん動運動はリラックス=噛むことで促される!?】

腸は緊張やストレスで動きにくくなってしまうもの。噛むことによって脳がリラックスすると、結果的に「腸を動かす」という信号を送ることにつながる=蠕動運動を促す効果が期待できます。噛む行為そのものが腸を動かす! ということですね。

腸もみストレッチのやり方

就寝前にすると腸がより動いてくれて、翌朝のお通じもスッキリ♪

 腸もみストレッチ

1. 腸に向かってお腹の奥を押すようにマッサージ。右手は腰骨の上を、左手は肋骨の下を押さえながら、腰を数回、左右に大きく回します。

 腸もみストレッチ

2. デスクワークなどで丸まりがちな姿勢をぐっと開くように、腸腰筋を伸ばします。左右にも伸ばしてほぐすことで、腸の緊張もほぐれます。

腸もみストレッチ

3. 1の手の位置で前屈。2回目以降は右手は固定し、左手を少しずつ下にずらしながら前屈を数回。腸が刺激され、やわらかくなります。

さっそく、みんなで実践 !!

腸もみストレッチ
腸もみポイントを確認中。
ストレッチ
前屈で腸・腸腰筋の硬さをチェック。体が硬いと腸腰筋も硬いそうです。
ばんざい
手を肩幅で上にあげ、ゆっくり息を吐きながらおろす。これを各5秒ずつ数回繰り返すことで腸腰筋がほぐれていきます。

噛むこと=美腸への近道ということをはじめ、多くの小野流・美腸メソッドを学ぶことができて、充実した1時間でした。ストレッチ後は腰痛がやわらいだ参加者も!

腸腰筋がほぐれたスッキリ笑顔で記念撮影♪ 

 記念撮影

撮影/大槻夏路 取材・文/細川麻衣子
(からだにいいこと2020年2月号より)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る