1. Top
  2. >元気になる
  3. >体の健康
  4. >便秘(健康)
  5. >女性に多い便秘の悩み。女性ホルモンの変動が原因かも
カレンダーと女性

女性に多い便秘の悩み。女性ホルモンの変動が原因かも

女性は男性に比べ、便秘になりやすい傾向があります。その理由をひもといていきましょう。

PR

この記事をシェアする

提供/ゼリア新薬工業株式会社

生理と更年期、それぞれの便秘への影響

お腹をおさえる女性

厚生労働省の国民生活基礎調査によれば、便秘に悩む女性は男性よりも多く、特に若い世代には大きな性差があります。

とある便秘外来でも患者の7割が女性。とくに便が出ないために腹痛や膨満感に悩む人が多いといいます。女性は排便のための腹筋が男性と比べて弱いこと、仕事や家事に忙しい世代では落ち着いてトイレに入れない、などの要因もあります。

女性に便秘が多い理由には、女性ホルモンも影響していると考えられています。

生理に大きく関わる女性ホルモンは2つありますが、便秘に関係するのは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。プロゲステロンは生理周期に排卵が起きると分泌が増えますが、体に水分を溜め込んだり、腸の動きを抑えるといった作用があります。その影響で腸では便の水分が少なくなり、腸も動かなくなるので生理前に便秘になりやすいのです。

生理のある女性は1か月の間に少なくとも 10 日間、便が出にくくなる時期が 10 歳頃から閉経まで 40 年ほど続きます。

さらに、卵巣の機能が変化する更年期には生理周期が不規則になり、便秘などの排便トラブルが増えます。

50 歳前後のこの時期、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が大きくゆらぎながら低下していきます。女性ホルモンが急激に減少すると、司令部である視床下部にも影響し、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は腸の動きをコントロールしている腸管神経と連携しています。その結果、自律神経のバランスが崩れれば腸管の動きが鈍くなり、便が滞りがちに。また、加齢によりいきむ力が弱くなることが影響するケースもあります。

肌あれと便秘にも密接な関係が

肌チェックをする女性

「便秘になったら、吹き出物ができた……」という経験はありませんか。便秘による腸内環境の悪化がその原因かもしれません。

便秘などが原因で腸内フローラのバランスが崩れ、悪玉菌が増加すると、悪玉菌は有害物質の「フェノール類」を作り出します。フェノール類が血流にのって肌に到達して蓄積すると、皮膚のくすみや乾燥を引き起こします。これが便秘になって肌が荒れる理由なのです。

また、女性ホルモン、エストロゲンの減少が肌トラブルを引き起こすことも。エストロゲンにはコラーゲンを生み出し、肌に潤いを与える作用があります。これが不足すると腸内細菌が大豆イソフラボンから「エクオール」という物質を作り、エストロゲンの代役にします。

ところが、日本人の 43%はエクオールを作る腸内細菌を十分に持っていません。大豆を食べてもエクオールを作れない人が 2人に 1 人いるのです。サプリメントなども販売されているので、気になる人は試してみるのもいいでしょう。

生理周期に合わせた便秘ケア

生理周期が影響しているかをチェックするには、生理周期と便秘の関係を書き留めてみてはいかがでしょうか。女性は日常生活に支障がないとそのままにしがちですが、悪化すれば大腸の中で便が硬くなり「便秘の悪循環」に陥ることも。改善のためには食事や運動、睡眠などの生活習慣の見直しが必要です。

生理前、むくみを気にして水分を控える人もいますが、腸の粘液を増やすので、水を飲むことも便秘対策に有効です。腸の血液量を増やすだけでなく、便をやわらかくして出しやすくする効果があります。1日2L以上の水分を摂るようにしましょう。便秘の人にはミネラル分が多い硬水がおすすめ。体への浸透圧が強いので腸内に水分を保持しやすくなります。

水

また、女性は排便のための筋肉量が少ないので、日ごろから運動をする習慣をつけましょう。ウォーキングなどの全身運動も大腸の働きを活発にします。

腸の動きに影響を与える自律神経を整えるには、良質な睡眠をとることも不可欠です。ベストな睡眠時間は6~7時間。生理のときも毎日同じ時間帯に寝ることで生活リズムを整えましょう。

朝の目覚め

編集部おすすめコラム

便秘と便秘に伴う肌あれをケアしたい方に「新ウィズワンα」

編集部のおすすめは、植物性の便秘薬「新ウィズワンα」です。食物繊維に肌ケア成分「サンキライエキス」をプラスし、便秘による肌あれも緩和します。


植物性便秘薬 新ウィズワンα 指定第2類医薬品

食物繊維の「プランタゴオバタ種皮末」が腸内で膨らんで便のカサを増やし、腸のぜん動運動を促進。生薬の「センノシド」が腸のぜん動運動を活発にすることで、自然に近いお通じに導きます。肌ケア成分をプラスしているので、便秘に伴う肌あれが気になる方にもお勧めです。

・効能・効果
便秘、便秘に伴う次の症状の緩和:肌あれ、吹出物、頭重、のぼせ、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔

・用法・用量
1回量:成人(15才以上) 3/4~1包、11才以上15才未満1/2~2/3包、3才以上11才未満:1/4~1/3包、1日1~3回食後に服用。
ただし、初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
なお、3才未満は服用しないでください。

12 包¥1,026
36 包¥2,703
90 包¥6,265
※メーカー希望小売価格(税込)

この医薬品は、薬剤師、登録販売者に相談のうえ「使用上の注意」をよく読んでお使いください。


お求めはお近くの薬局・ドラッグストアで!

問い合わせ/ゼリア新薬お客様相談室 TEL:03-3661-2080

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る