1. Top
  2. >きれいになる
  3. >美容
  4. >クレンジングをカスタマイズ!「FOREO」 LUNA3

クレンジングをカスタマイズ!「FOREO」 LUNA3

スウェーデン生まれの美容機器ブランド「FOREO(フォレオ)」から、新製品「LUNA 3(ルナ スリー)」が新登場!スマートフォンで自分好みにカスタマイズできる初のスマートクレンジングデバイスとして、早くも話題を集めています。

この記事をシェアする

2019年12月6日に、スウェーデン大使館にて行われた、北欧スウェーデン発ビューティ&ヘルスケアアイテムの体験会「第1回Swedish Beauty Festival2019」に行ってきました。

https://greencosjapan.com/sbf/

そこで出会ったのが、なんとも愛らしいルックスのアイテム。「これはいったい何ですか?」担当の方にお話を聞いてみると、クレンジングに使う美容機器とのこと。しかも、11月20日に発売されたばかりの新製品で、スマホで自分好みにカスタマイズできるのだそう。「めちゃめちゃ気になる!」と惹かれた編集S、実際に自宅で試してみました。

スウェーデン発の美容機器ブランド「FOREO(フォレオ)」

まずは、「FOREO(フォレオ)」がどんなブランドなのか、調べてみました。
2013年にスウェーデンでたった2名で創業。それがわずか6年で世界中に3000人を超えるほどに急成長したのだそう。
そして「FOREO」という名前は、“FOR EveryOne” の頭文字から命名されたもの。“全てのお客様、従業員、世界のため存在したい”というコンセプトで、より快適な生活を実現するために、最新のテクノロジーを駆使し、スキンケアやオーラルケアなど、ユニークなアイテムを次々に開発しているブランドです。

数々のアワードを受賞した「LUNA」シリーズから新商品が登場!

「FOREO」の主力商品は、デザインと美容に関するアワードを世界で150以上も受賞し、セレブにも愛用者が多いクレンジングデバイス「LUNA」シリーズ。その3世代目が、2019年11月20日に新発売の「LUNA 3」です。“最新のスウェーデンテクノロジーが詰まった究極のデバイス”として誕生しました。

人間工学に基づいた、洗練されたスウェーデンデザイン!
人間工学に基づいた、洗練されたスウェーデンデザイン!
左から、センシティブスキン(ラベンダー)、ノーマルスキン(パールピンク)、コンビネーションスキン(ブルー) 各¥28,600(付属品:USB充電コード、トラベルポーチ、ユーザーマニュアル、スタートガイド)

スマートフォンに接続し、自分好みにカスタマイ

「LUNA 3」の一番の特徴は、スマートフォンにダウンロードした「FOREO」アプリからBluetoothで接続し、振動強度や洗顔時間などを自分好みにカスタマイズできること。一度設定すると、デバイスに保存されるので、毎回の設定は不要です。
2時間のUSB充電で、使用できる回数は最大650回(使用環境によって異なります)と、旅行などの持ち運びにも便利!

1台で、ディープクレンジングとエイジングケア*トリートメントが可能

「LUNA 3」のクレンジングモードは、シリコーン製のやさしいタッチで肌に負担をかけず、99.5%の皮脂や汚れ、メイクの残りや古い角質を取り除きます。しかも、洗顔料は普段使いのものでOKなんです。実際に編集Sも試してみましたが、今までに体験したことのないスッキリ感にビックリ!これぞディープクレンジング!

さらに、もう一つのモード、エイジングケア*トリートメントでは、口元、首から顎回り、目の周り、顔全体の4つのトリートメントメニューが搭載され、乾燥によるしわやたるみが気になるエリアにアプローチし、ハリのあるなめらかな肌に整えます。 *年齢に応じたケア

FOREO
プロ並みのフェイシャルクレンジングとエイジングケア*トリートメントが自宅で手軽に楽しめます。*年齢に応じたケア
FOREO
100%ウォータープルーフなのも嬉しいポイント。
速乾性に優れたシリコーン製で、ナイロン製の洗顔ブラシよりも35倍*衛生的です。*FOREO調べ

忙しい朝やバスタイムに、手間をかけず簡単に使えて、セルフスキンケアの質を高められる「LUNA 3」。実際に使ってみた編集S、気持ちも上がって驚きました。あなたもぜひ、最新のスウェーデンテクノロジーを体験してみてはいかがでしょうか?

「FOREO(フォレオ)」LUNA 3~スマートクレンジングデバイス~ 

「FOREO(フォレオ)」LUNA 3~スマートクレンジングデバイス~

スウェーデンビューティー界のニューフェース「LUNA 3」。商品の詳細はこちらから!

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る