1. Top
  2. >楽しむ
  3. >エンタメ
  4. >芸能人インタビュー
  5. >神尾楓珠さん「好きなことの話はずっと話していられる」|キミにFOCUS!
神尾楓珠さん

神尾楓珠さん「好きなことの話はずっと話していられる」|キミにFOCUS!

強い眼差しと落ち着いた雰囲気。その存在感で、“2022年の顔”ともいえる活躍をしている神尾楓珠さんの次なる挑戦は舞台。俳優として全力投球する神尾さんの素顔に迫ります。

この記事をシェアする

神尾楓珠さん

神尾楓珠さん
かみお・ふうじゅ
1999年1月21日生まれ。東京都出身。2015年俳優デビュー。2022年は主演映画『20歳のソウル』『恋は光』などが公開、10月は『カラダ探し』の公開も控える。

自然体で演技をして新しい風を吹き込めたら

2022年前半に主演映画の公開や、ドラマ放映が続いた神尾楓珠さん。目まぐるしい日々を送っているかと思いきや、生活は大きく変化していないそう。

「上半期に公開や放映が重なっただけで、休みも取れているし、自分では“売れている感”はまるでありません(笑)。でも、SNSのフォロワーが増えて、以前より僕を知ってくれている人が増えた気がしています。今年後半は『神尾楓珠って舞台もできるんだ』と思わせたいですね」

そんな神尾さんが9月から出演するのが、劇団☆新感線の『薔薇とサムライ2―海賊女王の帰還―』。12月までの公演で、今年後半はこの舞台で全国を飛び回ることになります。

神尾楓珠さん

「劇団☆新感線は演劇をやっている人間にとって、とても大きな存在。舞台経験が2回目の僕が参加して大丈夫かなと、まだ不安は大きいです。殺陣もあるし、体力をつけなくてはいけませんね。でも、僕は太るとフェイスラインに出てしまうので、『顔には肉がつかない!』と一生懸命念じながら、きちんと食事を摂るようにしています」

おとなしくクールな印象のする神尾さん。自分では、自分はどんな人間だと思う?

「確かにどっちかといえば静かで人見知りなんですけど、結構しゃべりますよ。僕はフットサルをやっていて、サッカーはJリーグのFC東京のファンなんですが、試合の話や好きなアニメの話ならずっと話せると思います。僕はカラオケが趣味で、Mr.ChildrenさんやBUMP OF CHICKENさんなど、好きなロックバンドの曲をよく歌っていますが、舞台のためにきちんと発声法を学ばなくてはと思っています」

雑誌『からだにいいこと』10月号では神尾楓珠さんのインタビューを掲載!

発売中の雑誌『からだにいいこと』10月号では、神尾さんのインタビューを掲載しています。Web版とは異なる写真も必見! あわせてお楽しみください。

神尾楓珠さん

雑誌限定! 神尾さんのサイン入りインスタント写真プレゼントも実施中

『からだにいいこと10月号』を購入いただき、ご応募いただいた方の中から1名さまに、神尾さんのサイン入りインスタント写真をプレゼントします。詳しくは、本誌119ページをご覧ください。

【INFO】2022 年劇団☆新感線 42 周年興行・秋公演 SHINKANSEN☆RX『薔薇とサムライ 2−海賊女王の帰還−』

神尾楓珠さん

17世紀初め。女海賊アンヌ・デ・アルワイダが大泥棒石川五右衛門の協力を得て、国王となってから10数年後を描く。歌、ダンス、アクションをたっぷり盛り込んだ、12年ぶりの続編。神尾さんは、ボスコーニュ公国の国王シャルル一世の弟ラウル・ド・ボスコーニュを演じる。

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり
【出演】古田新太、天海祐希/石田ニコル、神尾楓珠/高田聖子、粟根まこと、
森奈みはる、早乙女友貴、西垣 匠/生瀬勝久 ほか

[東京公演]11/1〜12/6、新橋演舞場ほか、全国にて公演。
http://www.vi-shinkansen.co.jp/barasamu2/

Amazon.co.jp: からだにいいこと 2022年10月号 [雑誌]

取材・文/山西裕美(ヒストリアル) 撮影/内山功史 スタイリスト/杉本学子(WHITNEY) ヘアメイク/内藤 歩

(からだにいいこと2022年10月号より)

こちらの記事も読まれています

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る