1. Top
  2. >きれいになる
  3. >美容
  4. >スキンケア
  5. >ダブル洗顔のメリットは?乾燥肌には不要?肌がうるおう正しい洗顔法
顔を洗う女性

ダブル洗顔のメリットは?乾燥肌には不要?肌がうるおう正しい洗顔法

ダブル洗顔はメイクや汚れがすっきり落ちるといわれますが、洗いすぎも気になるところ。肌にとって、ダブル洗顔は本当にいいのでしょうか? メリットとデメリット、正しい洗顔方法と洗顔料の選び方を解説します。

この記事をシェアする

ダブル洗顔とは?

ダブル洗顔とは、クレンジングでメイクを落とした後に、洗顔フォームやせっけんを使って洗顔をすることをいいます。「クレンジング」で1回、「洗顔」で1回の2段階で顔を洗うのがダブル洗顔です。

ダブル洗顔と間違えやすい「2度洗い」とは?

ダブル洗顔と間違えやすい洗顔の方法に「2度洗い」があります。2度洗いとは一般的に、クレンジングをせずに洗顔を2度行うことをいいます。

ダブル洗顔のメリット

ダブル洗顔はメリットになる点もあればデメリットもあります。まずはメリットからくわしく解説します。

メイクをしっかりと落とせる

顔を洗う女性

ダブル洗顔の大きなメリットは、メイクをしっかりと落とせること。

ダブル洗顔は、最初にクレンジングを使うため、その日のメイクを完全に落とすことができます。メイクをしっかりと落とせるということは、落ちにくいアイメイクや毛穴の汚れなどもすっきり洗え、美肌につながる可能性があります。

メイク落としをすっきり落とせる

ダブル洗顔は、メイク落としをした後に洗顔フォームやせっけんで洗顔を行います。肌の上にメイク落としが残っていたとしても、洗顔をすることですっきりと落としきることができます。

メイク落としが肌に残っていると、ニキビやザラつきなど、肌トラブルの原因になることも。ダブル洗顔を行うと、メイク落としを含め、肌の汚れをすみずみまで落とせるというメリットがあります。

また、性質の違う汚れをしっかり落とせることもポイントです。

「2度洗い」は同じ洗浄料ですので、落とせる汚れは同じもの。一方、クレンジングと洗顔フォームの両方を使うことで、油溶性の汚れ、水溶性の汚れなど、それぞれが得意とするタイプの汚れを、擦ることなく溶かし出し、両方落とせることもメリットといえます。

ダブル洗顔のデメリット

ダブル洗顔にはメリットだけではなく、デメリットもあります。肌質によってはダブル洗顔をしないほうがいい人もいるので、デメリットも確認したうえで行いましょう。

肌の摩擦が増える

ダブル洗顔をすると、その分肌の摩擦が増えてしまいます。1度の洗顔で済ませる場合と違い、ダブル洗顔はクレンジングと洗顔で、2度にわたって肌に触れることになります。

摩擦が増えると、その分肌への負担が大きくなり、敏感な人は乾燥やトラブルにつながる可能性があります。

クレンジングと洗顔料の2種類を購入する必要がある

洗顔フォーム

ダブル洗顔は、1回目にクレンジングを使ってメイクを落とし、2回目に洗顔フォームを使った洗顔を行います。

そのため当然ながら、クレンジングと洗顔料という、2種類のスキンケア用品を購入しなくてはなりません。ダブル洗顔を習慣にするということは、その分金銭的な負担もわずかながら大きくなります。

ダブル洗顔は洗いすぎ? 肌に負担になる?

ダブル洗顔はメイクや汚れをしっかり落とせる一方で、「洗いすぎ」といわれることもあります。

しっかりメイクの日は洗いすぎとはいえない

しっかりと濃いメイクをした日は、ダブル洗顔をしても洗いすぎとはえません。

肌に負担をかけず美肌を目指すなら、寝る前にメイクを落とし、十分に保湿をして一日を終えるのが理想的です。しっかりメイクをした日にダブル洗顔をしない場合、落としきれないこともあります。

しっかりメイクの日は「洗いすぎになるかも」と気にせず、後ほどご紹介する正しい方法でダブル洗顔を行うと良いでしょう。メイクを落としきった後は、しっかり保湿するのを忘れないようにしてください。

乾燥肌の人は洗いすぎになる可能性も

ダブル洗顔は、クレンジングと洗顔で顔に触れるため、やり方次第では、肌が乾燥しやすくなります。洗うたびに摩擦が増え、もともと肌を守っている皮脂を洗い流します。肌が乾燥しやすい人、敏感肌の人は、ダブル洗顔によってさらにうるおい不足になるかもしれません。

ダブル洗顔が必要なときと、しなくていいときの見分け方

肌チェックをしている女性

ダブル洗顔には、必要なときと、しなくていいときがあります。それを見分ける方法を次から解説します。

しっかりメイクの日はダブル洗顔をするのがおすすめ

ナチュラルメイクではなく、自分の中でいつもより濃いメイクをした日は、ダブル洗顔を。

例えば、ウォータープルーフのマスカラやアイメイク、落ちにくい口紅、水に入っても落ちない日焼け止めなどを使った日は、ダブル洗顔がおすすめです。クレンジングでメイクを浮かせて落とし、その後洗顔フォームやせっけんで残った汚れを落としきりましょう。

また、先に使うクレンジングの種類によっても、ダブル洗顔がおすすめのことがあります。

油溶性の汚れを溶かし出すことのできる「オイルタイプ」のクレンジングには、油を水に溶けやすくする、界面活性剤が少ないものがあります。その場合、クレンジングとメイクが混ざり、皮膚の上に残ったままになるので、ダブル洗顔をして、洗顔フォームやせっけんですっきり洗い流すことが必要です。

ナチュラルメイクならダブル洗顔なしでもOK

ナチュラルメイクの日は、ダブル洗顔なしでも問題ありません。メイクの軽い日なら、クレンジングを使ってしっかりとメイクを浮かせなくても、一度の洗顔でメイクと汚れの両方を落とすことができます。

ナチュラルメイクをする際、洗顔を一度で済ませるためにも「お湯で落とせる」「せっけんで落とせる」といった化粧品を使うことをおすすめします。こうした化粧品は、洗顔フォームだけで落とせるので便利です。

また、クレンジングと洗顔が一緒になった、ダブル洗顔不要タイプの商品を使ってもOKですが、中には界面活性剤が多く、洗浄力が強すぎる場合があります。ナチュラルメイクの日でも、一度の洗顔で落とせない場合は、汚れの性質が違うことがあるため、その場合はダブル洗顔で落としてください。

正しいダブル洗顔のやり方

顔を拭く女性

ダブル洗顔は、間違った方法で行うとかえって肌を傷つける可能性があります。ダブル洗顔を行う際の正しい洗顔法をまとめました。

(1)クレンジングでしっかりとメイクをオフ

まずは適量のクレンジングを手に取り、肌になじませます。このときに使う適量は、パッケージをチェックしてください。

顔全体に広げ、指の腹・手のひらでメイクとクレンジングを混ぜるようになじませます。目元や唇などの落ちにくいポイントメイクを中心に、くるくると小さく円を描くように指を動かします。時間はあまりかけず、全体的にメイクがなじんだらぬるま湯でしっかり流しましょう。

最後に手をきれいに洗います。手にクレンジングが残っていると、洗顔フォームの泡立ちが悪くなることがあります。

(2)洗顔料を泡立てる

きれいな手に適量の洗顔料を取り、丁寧に泡立てます。洗顔料の適量は、パッケージを確認してください。洗顔料は、洗顔フォームや、固形せっけん、泡タイプなどさまざまです。

洗顔フォームや固形せっけんは、お湯を少しずつ混ぜながら手で混ぜ、もっちりとした泡ができるまで泡立てましょう。泡立てネットを使うと簡単です。

洗顔料がしっかり泡立っていると肌への負担が少なく、泡の力で毛穴の汚れをしっかり落とすことができます。

(3)Tゾーンから泡を乗せてこすらず洗う

洗顔料を泡立てたら、額と鼻筋のTゾーンに泡をのせます。Tゾーンは皮脂の量が多く、洗顔料が比較的長い時間触れていても他の部分よりも乾燥しにくい場所です。

次にほおやあご、最後に目元と口元に、泡をのせます。目元や口元は皮膚が薄く、乾燥しやすいので、最後にしましょう。

力を入れずに手のひらで泡を揺するように洗います。指が肌に触れないように、顔の上で泡を弾ませるようなイメージでやさしく動かします。

(4)ぬるめのお湯ですすぐ

最後に、ぬるめのお湯ですすぎます。洗顔に最適なぬるめのお湯とは、32度前後といわれています。その理由は、皮脂が溶けるのが30度くらいだから。30度よりも高い温度でなければ、皮脂が固まってしまい汚れが落ちにくくなります。

一方で、温度が高すぎると皮脂が落ちすぎて、うるおいが失われてしまいます。その結果、乾燥肌を招きやすくなります。

顔全体をやさしくすすいだあと、あごや髪の生え際にすすぎ残しがないか確認しましょう。

(5)清潔なタオルで水分を拭き取り保湿する

洗顔が完了したら、清潔なタオルで水分を拭き取ります。このとき、タオルを動かして肌をゴシゴシこすらないこと。タオルを肌に押し当てて水分を吸収させてください。肌をこすってしまうと摩擦で負担がかかり、肌荒れの原因になります。

水分を拭き取ったら、できるだけ早い段階で保湿を。すぐに保湿するためにも、化粧水や乳液などのスキンケア用品は、洗顔を始める前に用意しておくと良いでしょう。

ニキビ肌はダブル洗顔したほうがいい?

肌質によっては、ダブル洗顔をするべきなのか、しないほうがいいのか気になるところ。ニキビ肌の場合はどうでしょうか。

ニキビ肌の方はそもそも皮脂の分泌が多く、かといって乾燥しすぎるとさらに皮脂の分泌が盛んになるため、洗顔には注意が必要です。

できるだけ洗顔によるダメージが少なくなるように、せっけんで落とせるメイクをするのがおすすめです。どうしてもしっかりメイクをしなければいけないときには、メイク汚れを落としきることにこだわらず、洗浄力の強くないクレンジング剤を使って短時間でダブル洗顔を行い、メイクや汗、ほこりによる汚れを落としましょう。

また、保湿が不十分だと余計に皮脂を分泌させ、ニキビがひどくなる場合も。ダブル洗顔後は、保湿をして肌を整えましょう。

優しく洗顔して、しっかり保湿をしてもニキビ肌が改善しない場合は、皮膚科の受診をおすすめします。

男性はダブル洗顔すべき?

ダブル洗顔は男性もすべきなのかどうか、迷うことがあるかもしれません。

そもそもダブル洗顔とは、ご紹介したようにクレンジングと洗顔を行う方法なので、基本的にはメイクをしている人向けの洗顔法です。ただし、男性でもファンデーションや日焼け止めを使った場合は、ダブル洗顔をしたほうがいいでしょう。

ダブル洗顔をするとき・しないときの正しい洗顔料の選び方

顔を洗う女性

ダブル洗顔をするときと、しないときは、使う洗顔料を分けるのがおすすめです。理由は、洗顔料によって役割が違うから。

それぞれ、どのような洗顔料を使うべきかを解説します。

ダブル洗顔をするときはクレンジングと洗顔料を使う

ダブル洗顔をするときには、メイクを落とす専用の「クレンジング」と、顔を洗う目的で使う「洗顔料」の2種類を使用します。

このときに気をつけたいのが、クレンジングも洗顔料も、“ダブル洗顔不要”“メイクも落とせる”などと「書いていないもの」を選ぶこと。

商品にダブル洗顔不要と書いていなければ、そのメイク落としも洗顔料も、「メイクを落とす」「顔を洗う」のどちらか片方を目的で作られたものです。

それに対して、“ダブル洗顔不要”“メイクも落とせる”などと書かれたものは、両方の機能を持った洗顔料です。ダブル洗顔のときは、それぞれ別々の商品を選びましょう。

ダブル洗顔をしないときは肌に合う“ダブル洗顔不要”の洗顔料を使う

ナチュラルメイクで「今日はダブル洗顔しなくていい」という日は、商品パッケージに“ダブル洗顔不要”“メイクも落とせる”などと書かれている洗顔料を使いましょう。ダブル洗顔不要と書かれている場合、クレンジングの機能が含まれています。

ただし、ダブル洗顔不要タイプは、肌に負担にならないように見えてむしろ洗浄力が強い場合があります。使う際は、できるだけ短時間で擦らず落とせる、ナチュラルメイクのとき限定にしましょう。

洗顔回数が1回で済むので、肌の摩擦を少なくでき、負担が少ないといえます。「顔を洗う」だけを目的とした洗顔料だと、ナチュラルメイクでも落ちない可能性がありますので、メイクによって使い分けることが大切です。

まとめ:ダブル洗顔「する・しない」はメイクによって選択を

ダブル洗顔をするか、しないかは、その日のメイクにあわせて選択するのが賢い方法です。しっかりメイクをした日はメイクをきちんと落とす必要があるのでダブル洗顔をする、「せっけんで落とせる」化粧品だけを使ったナチュラルメイクなら、ダブル洗顔は不要です。

ただしこれは、肌トラブルが少なく、健康な肌の人の場合。過剰な摩擦は肌への負担を大きくすることがあるため、必ずしもダブル洗顔をしたほうが良い、というわけではありません。ニキビ肌や乾燥肌など、トラブルが出やすい人、体調によってゆらぎやすい人などは、自分の肌状態と相談して決めてください。

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る