1. Top
  2. >きれいになる
  3. >ダイエット
  4. >脚ヤセ専門エステのスゴ技を自宅で「脚のプヨ肉つぶし」

脚ヤセ専門エステのスゴ技を自宅で「脚のプヨ肉つぶし」

「ダイエットしても、脚だけは細くならない」「エステでも脚ヤセは難しい」とあきらめていませんか?
脚を細くするには、老廃物と脂肪細胞の塊であるセルライトを排出することが大事です。セルライトは1度できると周辺組織を巻きこんで、さらに進行していきます。やっかいなことに食事制限や運動では、減らすことも小さくすることもできません。脚ヤセ専門エステで実践、1万人以上の脚を細くした「脚のプヨ肉つぶし」を行えば、セルライト、つまり脚のぜい肉を落とすことができます。

この記事をシェアする

持ち上げる、固定する、つぶすの3ステップ

セルライトができる原因は、筋肉の衰えや基礎代謝の低下、不規則な食習慣などの要因が重なり、体内の余分な水分や老廃物を溜めこんで、脂肪細胞が肥大化していると考えられます。

セルライトはただ漫然と脚をマッサージするだけでは撃退できません。持ち上げる、固定する、つぶすという3ステップを正しく踏んで、脚の深層にアプローチすることが必要です。すると血液やリンパの流れが改善し、セルライトを除去。正常な脂肪細胞状態に戻れば、脚が細くなります。それだけでなく、脚が奥からぽかぽかしてきて、冷えが軽減され、むくみにくい脚にもなります。

脚のプヨ肉つぶしのやり方

入浴後の血行がよくなっている時に行うと効果がアップ。事前にマッサージオイルを脚になじませておくと、もみやすくなります。

ステップ1 持ち上げる

脚のプヨ肉つぶし

写真のように、親指以外の4本の指を太ももにひっかけ、脂肪を筋肉ごと持ち上げる。○部分が脂肪のターゲット。

ステップ2 固定する

親指は一直線に

両手の親指を一直線にし、○部分の上辺を押さえて、肉をつかみ固定。指先だけでなく手のひら全体で肉と握手をするようにギュッとつかんで。

×NG

表面だけつかむのは×。脂肪の下の筋肉からつかむ意識で。

ステップ3 つぶす

力を入れる中心は親指の付け根付近

親指の一直線をキープしたまま、体重を乗せて親指を下へすべらせ、脂肪をつぶす。力を入れる中心は、親指の付け根付近。

×NG

親指に力が入りすぎて、一直線になっていない。

太もも以外気になる足の部位にも効果的

「脚のプヨ肉つぶし」は、体のどの部位にも使えます。太ももの場合は、両脚の間に隙間を作って細く見せるために重要な内ももから始めて、張り出しやすい前もも、大きなリンパ節があるつけ根、外もも、もも裏の順番で行うのがおすすめです。

ひざ上やひざ外側、足首など細かいところは片手でOKです。

脚のプヨ肉つぶし

細くならない脚はありません。毎日のお風呂上りの習慣にして、スリムな脚を手に入れましょう。

撮影/神尾典行 モデル/中田 奈沙 イラスト/後藤知江
(からだにいいこと2018年8月号より)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る