1. Top
  2. >楽しむ
  3. >エンタメ
  4. >黒羽麻璃央さん「ロミオのように障害を乗り越えて愛を貫きたい」|癒やされタイム

黒羽麻璃央さん「ロミオのように障害を乗り越えて愛を貫きたい」|癒やされタイム

ミュージカル界の新鋭として活躍を続ける黒羽麻璃央さん。今年は念願のロミオ役を射止め、注目度は増すばかり。ストイックに作品と向き合う、黒羽さんの本音に迫ります。

この記事をシェアする

黒羽麻璃央さん

黒羽麻璃央
くろば・まりお
1993年7月6日生まれ。宮城県出身。第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞。2012年、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで俳優デビュー。ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズのほか、舞台を主軸に活動しつつ、テレビドラマや映画、CMなど多方面で活躍中。

ロミオのように障害を乗り越えて愛を貫きたい

黒羽麻璃央

世界20カ国以上で上演されている不朽の名作『ロミオ&ジュリエット』。2019年以来、2年ぶりに日本オリジナル版ミュージカルの上演が決定し、念願のロミオ役を演じることになった黒羽麻璃央さん。

「オーディションが終わって、潤色・演出の小池修一郎先生からいただいたのは『ミュージカルに出られるのは神様に選ばれた人だけ。歌がうまく演技もできて、ダンスのセンスやルックスも問われる。選ばれたからには誇りを持って臨みなさい』というエールでした。そこから座長という自覚が芽生えて、今は心地よい緊張感に包まれています」

清々しい笑顔を見せる黒羽さん。この舞台の座長として、みんなをリードすることに気負いはないのだそう。

「僕の場合、本名が黒羽麻璃央(くろばまりお)なので、小さい時から名前が注目されることが多くて。名前負けしないように生きてきました(笑)。学生時代は学級委員だったり副部長だったり、先生から『任せたよ』って頼まれることが多かったんです。教室の隅でうずくまっていることはできなくて、前に出ていかなきゃいけない場面ばかり。だから、こういうポジションには慣れていて、本領を発揮できればいいなと思います」

黒羽麻璃央

時代を超えて脈々と受け継がれている『ロミオ&ジュリエット』の魅力については、こんな持論を展開。

「今も昔も、人はみな愛に飢えているからロミオに惹かれるのだと思います。ちょっとキザでストレートな愛情表現がいいですよね。“愛してる” “結婚しよう”なんてそのまま言うと、現代ではかっこ悪いと言われがち。だからこそ舞台を観た方は、ロミオの潔さ、恥ずかしくなるぐらい素直な愛情表現に、憧れと感動を覚えるのかもしれません」

かくいう黒羽さんも、ロミオに憧れを抱きながら愛する女性と歩む未来に思いを馳せます。

「結婚を考える年齢になってきているので、恋愛について真剣に考えることも増えました。両家の争いほどの障害はなかったとしても、お相手が現れたらロミオのように『どんな壁が立ちはだかっても乗り越えてやる!』と意気込んでいます(笑)。愛し合うと見つめ合って2人の世界に没入しがちですが、そうではなく同じ方向を見て、進んでいけるような関係に憧れますね。2人で寄り添いながら、愛を貫きたいです」

昨年は、新型コロナの影響でキャスティングされた舞台が公演中止になるなど悲運に見舞われた黒羽さん。そこから感じ取ったのは、自分が舞台に立つことの意味でした。

「この1年、思うように活動ができず、心が折れそうになることが何度もありました。そんな時に自分を救ってくれたのは、他ならぬ映画でありドラマであり、舞台でした。自分がしてきた仕事はすごいな。心の傷を治してくれて、暗い気分を消し去って、明日への活力を与えてくれる……。そんなことを感じていました。今年は自分の仕事により責任を持って、まい進したいです。作品を通じて、今度は僕が1人でも多くの人の心を救うことができたらいいなと願っています」

黒羽麻璃央

黒羽さんに3つの質問

体調を維持する工夫は?

昨年の秋から、初めてスポーツジムに通うようになりました。プロテインを飲んで、キックボクシングをしたり、水泳をしたり。家では筋肉をほぐすマシンを使って、肉体を作り上げています。大好きな炭水化物も少し控えていて、28年の人生の中で今が一番健康です! 

オフの日にしていることは?

ちゃんと朝早く起きて、お気に入りのカフェでモーニングセットを食べたり、近くの公園までサイクリングに出かけたりしています。帰りがけに和菓子店に寄って、おはぎを買うのも楽しみのひとつ。ちょっと余裕がある休日は、自分なりの“朝活”を満喫しています。

10年後はどんな自分になっていたい?

とても難しいことなのは、わかっているのですが、舞台が好きなので年に2本ぐらい大きい作品に身を投じながらも、テレビや映画のお仕事もいいバランスで両立させていたい。プライベートでは、結婚して子供が2人ぐらいいたらいいな。ちょっと欲張り過ぎかな? 

黒羽さん、甲斐翔真さんら若手新鋭キャストで挑むミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

黒羽麻璃央

仇同士の家に生まれながら運命的な恋に落ち、争いの終結を願いながら、ひたむきに互いを愛したロミオと、ジュリエットを描く。潤色・演出を務めるのは、宝塚歌劇団による初演から一貫して同作を手がける小池修一郎氏。2019年版でマーキューシオ役を務めた黒羽さんが、満を持して主人公・ロミオを演じる。

公演スケジュール

5月21日(金)~6月13日(日)/TBS赤坂ACTシアター
7月3日(土)~7月11日(日)/梅田芸術劇場メインホール
7月17日(土)~7月18日(日)/愛知県芸術劇場 大ホール

出演

黒羽麻璃央/甲斐翔真(Wキャスト)、伊原六花/天翔愛(Wキャスト)、味方良介/前田公輝(Wキャスト)、新里宏太/大久保祥太郎(Wキャスト)、立石俊樹/吉田広大(Wキャスト)、春野寿美礼、原田 薫、石井一孝、宮川浩、秋園美緒、兼崎健太郎、岡幸二郎、松村雄基、小㞍健太/堀内將平(Kバレエカンパニー|Wキャスト)ほか

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』公式

黒羽さんのサイン入りインスタント写真を2名様にプレゼント! 

黒羽麻璃央

下記のフォームよりご応募ください。

黒羽麻璃央さんサイン入りインスタント写真プレゼント応募フォーム

※当選者の発表は発送をもってかえさせていただき、抽選結果のお問い合わせには応じられません。ご記入いただきました個人情報は適正に管理し、当社のメディアに活用させていただく以外には使用いたしません。

※営利・転売目的でのご利用は全面的にお断りします。発覚した場合は、直ちに当社の規約に応じた対応をとらせていただきます。

個人情報の取り扱いについては、下記をご覧ください。
https://media.karakoto.com/privacypolicy/

撮影/国井美奈子 スタイリスト/ホカリキュウ ヘアメイク/Haruka(Lomalia)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る