1. Top
  2. >暮らす
  3. >編集部TOPIC
  4. >台湾コスメのパイオニア!肌に優しい自然派石けん|雑誌掲載のイイモノ 編集部でお試し企画

台湾コスメのパイオニア!肌に優しい自然派石けん|雑誌掲載のイイモノ 編集部でお試し企画

雑誌「からだいいいこと」の人気コーナー「ニュースウォーク」に掲載された商品を編集部で使ってみて、レポートする連載。今回は自然派コスメとして人気を博す「台湾石けん」を試してみます。

この記事をシェアする

台湾でオーガニック市場が急成長

近年、台湾では健康志向が高まり、オーガニック素材や原産地にこだわったオーガニック市場が拡大しています。中でも香料や防腐剤を使わないオーガニックコスメに関心が高まっているとか。

そこで雑誌からだにいいことのニュース企画で「自然派台湾コスメ」を取り上げることになりました。編集部は台湾のブランド「阿原YUAN(ユアン)」に注目。2005年、東洋の養生志向に基づき環境に配慮したハンドメイド石けんづくりからスタートしたコスメブランドです。

石けん作りのきっかけは、創業者が敏感肌だったこと

「ユアンソープ」が生まれたきっかけは、創業者の江 栄原(ジャン・ロンユアン)さんが敏感肌・アトピー性皮膚炎で悩んでいたことだそう。肌トラブルで悩んだ創業者が辿り着いた答えなんですね。

そんなユアンの石けんは、すべて手作業で作られ、天然素材の成分をたっぷり配合した低刺激処方。敏感肌やアトピー肌、子供、家族みんなで使えて嬉しいですね。この記事を担当している編集Jも敏感肌なので、取材する身としてかなり助かります。

水くみ、ハーブの栽培からスタートする徹底ぶり

上の写真は、清らかな湧水を誇る「陽明山国家公園」の中にある自家農園の一部。台湾北部の台北市の近くにあります。火山が作り上げた景観が美しく、温泉で有名な保養地として知られています。

体に負担をかけない石けんづくりをモットーに、この自家農園でハーブの栽培や採取をしています。さらにハーブの精製、石けんの成型なども手作業で行なっているそうです。驚くべきは、ハーブ栽培の際に「水くみ」からこだわっているということ。湧水を誇る場所だから行えることです。そんじょそこらのオーガニックとは一線を画していますね…!

肌にはもちろん「自然に優しいつくり方」へのこだわりがすばらしいです。

きめ細かい泡で保湿もバッチリ

画像は「ヨモギソープ」。泡立ちも十分です。

さて、それでは肝心の使い心地はどうか? レポートします。朝洗顔は石けん派の編集J。ユアンソープの中でも気になっていた「月桃ソープ」を試してみました。きめ細かい泡立ちが良く、ふわふわと肌を包み込みます。泡立つときも天然ハーブの自然な香りでリラックスできました。

洗顔後はつっぱり感がなく、すぐに保湿しなくてもしっとりした仕上がりになります。無添加で刺激が少ない石けんなので、生理前になると肌荒れしてしまうという人にもよさそう。

固めの石けんなので溶け崩れしにくく、出しっぱなしにしてもヒビ割れしないのもいいです! ボディソープとしても使えるようなので、大事に使い続けようと思います。

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る