1. Top
  2. >暮らす
  3. >家事・生活のコツ
  4. >プロに聞いた、本当に効果的な「アルコール手指消毒剤」の選び方
アルソフト

プロに聞いた、本当に効果的な「アルコール手指消毒剤」の選び方

感染対策ですっかり身近になった「アルコール手指消毒剤」。みなさんは何を基準に購入していますか? 実は知っている人が少ない、アルコール手指消毒剤の効果的な“選び方”を、衛生のプロに教えていただきました。

PR

この記事をシェアする

提供/サラヤ

知らなかった! 「アルコール手指消毒剤」の効果的な選び方

新型コロナウイルス感染症の流行で、マスクと共にアルコール手指消毒剤も欠かせない存在になりました。でも、店頭で選ぶときに「しっかり効くアルコール」かどうかの基準を、はっきりと答えることができる人はなかなかいませんよね。

実はからだにいいこと編集部・Kも、ドラッグストアで多くの手指消毒剤を目にして「どれがいいの?」と迷うことが度々ありました。

そんなアルコール手指消毒剤の素朴な疑問に、サラヤバイオケミカル研究所・所長の平田善彦さんがお答え。サラヤは、あの緑色の薬用せっけん液を日本で初めて開発し、アルコール手指消毒剤による手指消毒も普及させてきた、まさに“衛生のプロ”。

「この先もコロナウイルス感染対策をし続けたい」「家族の感染予防を徹底したい」という人は必見です!

サラヤバイオケミカル研究所 所長 平田善彦さん
サラヤバイオケミカル研究所 所長、工学博士。衛生・環境・健康に関わる商品を提供するサラヤで、信頼性・再現性の高いエビデンスデータをもとに、数多くの商品を研究・開発。新型コロナウイルスの流行と共に、2020年1月から研究所内に感染症対策チームを結成。最新の情報を収集し、大阪大学微生物病研究所と共に研究を重ねる。大阪大学大学院薬学研究科 先進健康科学(サラヤ)共同研究講座 招聘教授。

Q1.すべての「アルコール手指消毒剤」が新型コロナウイルスに有効とは限らないって本当ですか?

平田さん:アルコール手指消毒剤は、当然、みなさん「新型コロナウイルスに効く」と思って使っていますよね。買うときも、そうだと思います。でも実は、これまでは「新型コロナウイルス」を含め、どの商品にも特定のウイルスに有効性があることは明記できなかったんです。

編集K:どのアルコール手指消毒剤も、パッケージに書いていないものの、「当然コロナウイルスに効く」と思って使っていたのですが…。

からだにいいこと編集部

アルコール手指消毒剤「アルソフト」が新型コロナウイルスへの有効性の表示を開始した

平田さん:これまでは、自社製品ですと特定のウイルス名を明記せず「広範囲のウイルス・細菌に効く」としていました。かなり遠回しな表現ですよね。ですが厚生労働省から今年2月に通達があり、「一定の条件を満たした場合には、特定の菌種またはウイルス種への有効性」について明記することが可能になったのです。

そこでサラヤでは、より実使用に近い形で研究を重ねてきたエビデンスに基づき、関係省庁の確認を経ることで、アルコール手指消毒剤「アルソフト」の商品POPなどに、新型コロナウイルスへの有効性を表示。

新型コロナウイルスへの有効性が確認されたアルソフト
「新型コロナウイルスへの消毒効果が確認されています」というシール。これが新型コロナウイルスへの有効性が確認された目印。

試験データ:アルソフト 手指消毒ローションの新型コロナウイルスに対する有効性について

編集K:パッケージに明記してあると、買うときにしっかり効くことが分かりやすいですね! 研究では“本物”のウイルスを使うのですか?

平田さん:サラヤは医療現場や公衆衛生などのプロの現場で安心して使っていただくために、これまでもエビデンスに基づいた商品を開発してきました。今回も代替ウイルスではなく“本物”の新型コロナウイルスを使って研究をしています。

また、ふだんの生活では手すりやドアノブ、スマホなど、いろんなところを触りますよね。新型コロナウイルスだけでなく、色々なウイルス・細菌がついているわけです。だから、汗や皮脂など目に見えない汚れもついている過酷な状況でも、消毒効果が発揮されないといけない。

試験では、国際的な基準を取り入れて、なるべく私たちの生活に近い形を再現して、実使用の状態でも十分消毒効果を発揮することを確認しました。

Q2.そもそも消毒剤には、どんな種類があるのですか?

編集K:たくさんの消毒剤が店頭に並んでいますが、種類が多くて迷います。どこをチェックすればいいでしょうか。

平田さん:消毒剤にはそもそも、「指定医薬部外品」と、それ以外があります。指定医薬部外品は、効能や効果について申請や許可が必要になります。そのため品質の確かなモノを求めるなら指定医薬部外品を選びましょう。

また、指定医薬部外品には使ってはいけない成分もあり、品質・有効性・人体への安全性も確かめられています。

アルソフト
消毒剤を選ぶときは、「指定医薬部外品」をチェック。サラヤのアルコール消毒剤は、もともと医療現場や公衆衛生などのプロの現場で使われているということもあり、家庭用のアルソフトもしっかりと試験をしたものを提供。

Q3.消毒効果が「高いか」「低いか」は、買うときに分かりますか?

平田さん:消毒効果は、パッケージのアルコール濃度をチェックしてみてください。厚生労働省は、「アルコール濃度70%以上95%以下のエタノール」を推奨しています(※)。プロの医療現場では、70%よりも高い「80%以上」が良いとされています。これは手に汚れや微生物がついていてもしっかりと消毒効果が期待できるからです。

アルソフト
サラヤのアルソフトは、80%の高濃度アルコール。購入するときにアルコール濃度が何パーセントか、パッケージをチェックしましょう。

厚生労働省 新型コロナウイルスの消毒・除菌方法

編集K:パッケージを見ると、私たちもいろんな情報が分かるのですね!

平田さん:アルコール濃度が高い製品は「火気厳禁」のマークもあります。アルコール60%以上の商品は明記しなくてはいけません。アルコール濃度の記載がない場合の参考になります。

アルソフト

Q4.手荒れする消毒剤と、しない消毒剤の違いは何ですか?

編集K:アルコールが高いと、乾燥する気がして、手荒れも気になります。

平田さん:手荒れを防ぐためには、保湿剤入りがおすすめです。ただ、単純に入っているだけでは意味がありません。有効成分の働きを妨げないノウハウが必要なため、専門メーカーの消毒剤なら安心です。

からだにいいこと編集部

平田さん:また、手荒れをするとしみるのでアルコール消毒剤を使いたくなくなりますよね。回数が減る分、結果として感染リスクが高まります。しかも、つるんときれいな皮膚は消毒効果が高いのに対して、手荒れで傷があるとウイルスや菌の温床になります。だからこそ、手肌にやさしく、手荒れしないのがポイントになります。

アルソフト
高濃度アルコールによる消毒効果と、手肌にやさしい安全性の両立。手荒れへの配慮もあるから、安心して毎日の手指消毒に使えて、手指をしっかり消毒できる「アルソフト」。

「アルコール消毒剤」を“買うとき”の3つのポイント

アルコール消毒剤を買うときの第一のポイントは「ウイルスへの有効性が確認された」商品を選ぶこと。そして、厚生労働省が推奨しているアルコール濃度は「70~95%以上」、厚生労働省が定めた基準に適合している「指定医薬部外品」が鉄則。

手肌へのやさしさも継続して使用するには重要なポイントです。ドラッグストアやインターネットで買うときはこれらをチェック!

アルソフト

ウイルスを寄せ付けない! 衛生のプロに聞いた「アルコール手指消毒剤」の使い方

アルコール消毒が身近になった今、選び方だけでなく、使い方も見直したいところ。ここからは衛生のプロに、アルコール手指消毒剤の効果を発揮させるための「使い方」のポイントを教えていただきます。

アルコール消毒剤を使うときの3つのポイント

量:ポンプを押し切って十分な量を

使うときのコツは、ポンプをしっかり下まで「押し切る」こと。消毒効果を発揮するためには、手のひら・手の甲・指先のすべてに行きわたるだけの十分な量が必要。

ウイルスが死滅するのは、アルコールが触れた瞬間ではなく、触れている間です。高濃度アルコールなら15秒間が目安になるため、1回で十分な量が必要になります。(平田さん)

アルソフトの使い方
アルソフトは手指全体に行きわたり、15秒かけてウイルスを死滅させながら蒸発するように設計されています。そのため1回量を下まで押し切って使うことがポイント。

タイミング:接触が気になるときや家に入るときに使う

接触が気になるときや家に入るときに消毒剤を使う

使うタイミングは、物に接触するときや、家やお店などに入るとき。これはどちらもウイルスが広がるタイミング。携帯用の消毒剤を持ち歩き、外ではつり革や手すり、ドアノブなどに触れた後に使用を。

また、室内に持ち込まないことも大切。そのため自宅では、家に入る前に使いましょう。玄関に消毒剤を置いていない場合は今すぐ設置を。(平田さん)

使い方:親指と指先は念入りに

親指と指先のアルコール消毒剤の使い方

アルコール手指消毒剤を手に取って広げるときは、手のひらや手の甲、指の間、手首まで広げるのが正しい使い方。その中でも、ものに触れるときによく使う「親指」と「指先」は消毒を忘れてしまうパーツ。イラストのように握ったりこすったりして広げましょう。(平田さん)

くわしい手指消毒の手順はこちら

新型コロナウイルスへの有効性が確認された「アルソフト」

今回、新型コロナウイルスへの有効性が確認されたのが、アルコール手指消毒剤「アルソフト」。医療現場や公衆衛生などのプロの現場でも使われてきたノウハウを、家庭用商品にも取り入れているサラヤのアルコール手指消毒剤は、高い消毒効果と手肌へのやさしさの両方をかねそなえています。

アルソフト

新感覚のうるさら処方
手のひらでさらっととろける“うるさら処方”で、ジェル状なのにべたつきが気になりません。スーッとのびてローションのような使い心地。すぐにものを触ることができ、いつでも使いやすいのが魅力。

手肌にやさしい2つの保湿成分配合
手肌へのやさしさを考えて、2つの保湿成分「グリセリン」「ミリスチン酸イソプロピル」に加え、さらに2つのサポート成分を配合。安心して毎日の手指消毒に使えて、しっかり消毒できます。

高濃度アルコール80vol%
高濃度アルコール80vol%で高い消毒効果を発揮。しっかりとウイルス・細菌を消毒。

撮影/志原雅明 イラスト/ヤマグチカヨ デザイン/大岡宏子

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る