1. Top
  2. >元気になる
  3. >未分類
  4. >体の健康
  5. >【連載】プチ不調が続く「不定愁訴」は“糖質コントロール”で解決!

【連載】プチ不調が続く「不定愁訴」は“糖質コントロール”で解決!

管理栄養士・麻生れいみさんが、糖質コントロールによる健康づくりを教えてくれる、連載「低糖質のいいこと」。
第2回のテーマは「不定愁訴」です。日々現れる“プチ不調”は糖質過多のせいかもしれません!

#PR

この記事をシェアする

提供/サラヤ

“なんとなく調子が悪い”は……ズバリ 糖質の摂りすぎが原因!

イライラ だるい

寝ても疲れが取れない、体がだるい、イライラするなどの心と体の不定愁訴。病気ではないけど、なんとなく体調が悪い……。そんなプチ不調の原因は、糖質に偏った食生活で気づかないうちに栄養失調になっているから。糖質ばかりで他の栄養が足りないと、ホルモン分泌などの本来の機能が低下し、毎日スッキリしない体調に。

糖質過多で栄養不足の食事が「不定愁訴」を招いています!

三色食品群

私たちの体は、3 色の食品群から作られています。赤は肉や魚などのたんぱく質で、筋肉や血液など体を作る材料になるもの。緑はビタミンやミネラルを含み体の調子を整える食品。黄色はエネルギーとなる炭水化物。黄色に偏った糖質過多の食事になっていませんか?

“低糖質”の食生活で 体の調子がアップ!

赤と緑の食品を増やす

低糖質の食事

三色食品群の赤と緑を増やす意識を。麺やパンだけで済ませず、肉や魚、卵のたんぱく質、野菜や海藻、きのこのビタミンやミネラルなどを摂れば体が元気に!

食事の糖質量をセーブ

糖質カット

炭水化物を半分におさえたり、ごはんに雑穀を混ぜたりして糖質のセーブを。また、白砂糖などの甘い調味料も糖質。糖質量が低く、体にいい調味料で健康に。

ごはんや甘味料を変えて「糖質コントロール」を!

食後血糖値に影響がない、カロリー0の自然派甘味料「ラカントS 顆粒」

ラカントS 顆粒/130g【砂糖・調味料売り場用】

ラカントS 顆粒/130g【健康食品売り場用】

植物の「羅漢果(ラカンカ)」のエキスと、トウモロコシの発酵から作られる「エリスリトール」。2つの天然素材から作られた、カロリー0の自然派甘味料。食後の血糖値に影響が少なく、人工甘味料不使用で体にやさしい。
顆粒のほかに、シロップ(280g)もあり。

糖質36%オフなのに 食物繊維は白米の8倍!「へるしごはん」

へるしごはん/150g

へるしごはん/150g

白米と比べて、糖質36%オフのヘルシーなごはん。特別品種の高アミロース米と大麦、うるち米を特別な比率で配合。白米より低糖質なのに食物繊維は8倍で、味や食感もおいしい。いつものごはんを変えるだけで“糖質コントロール”に。

イラスト/坂木浩子
(からだにいいこと2019年8月号より)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る