1. Top
  2. >元気になる
  3. >体の健康
  4. >【連載】3週間で-5cm以上! 糖質コントロールで読者がやせた

【連載】3週間で-5cm以上! 糖質コントロールで読者がやせた

管理栄養士・麻生れいみさんが、糖質コントロールによる健康づくりを教えてくれるこの連載。
今月は、「麻生式ダイエット」を読者が実践。3週間糖質を抑えたら、お腹周りが見事スッキリ!

#PR

この記事をシェアする

提供/サラヤ

「麻生式 糖質オフダイエット」のルール

【 ルール1 】 最初の1週間は本気で“糖質断ち”

糖質断ち

本気を出すのは、最初の1週間だけ。この期間は、炭水化物や甘いものなどの糖質を徹底的に断つことで、脂肪を燃焼する“やせ回路”の「ケトン体回路」を目覚めさせます。
その後は、1 食 20ℊ、1 日60ℊまでの糖質摂取を目安に。おやつもOKです。

【 ルール2 】 糖質を抑えて肉・魚・野菜はたっぷり

肉・魚・野菜はたっぷり

糖質を抑えるかわりに、たんぱく質(肉・魚・卵・大豆食品)は、お腹いっぱい食べましょう。食物繊維やビタミン豊富な野菜、きのこ、海藻類も毎食しっかり。
調理は、塩コショウやオリーブオイルと塩など、シンプルに味付けすると糖質を抑えられます。

3週間でしっかりヤセました!

読者モデル
ダイエット
 ダイエット

肌の潤い、目覚めに変化も!やせて体調まで良くなった

最初の1週間はお腹が空きましたが、たんぱく質と野菜をしっかり摂ったら、満足感がありストレスなく続きました。便秘薬が手放せず1週間出ない日もあったのが、するっと快便に! 
肌が潤ったり、目覚めが良くなったりと体調変化にも驚きでした。

糖質オフ
ダイエット
ダイエット
ダイエット

財布も喜ぶ糖質コントロール!お腹周りがスッキリした

食べられるものが限られる印象がありましたが、大好きな豆腐など、意外と食べてOKなものが多く、続けられました。
毎日コンビニやスーパーに行くのですが、炭水化物やお菓子を買わなくなり、自然と節約に。何よりお腹周りがやせてうれしいです。

コンビニ食 ダイエット
ダイエット
ダイエット
ダイエット

2週間で味覚も変化、同僚に美肌を褒められました!

2日目から体が軽くなり、途中で同僚から突然「肌がきれい」と言われてびっくり。お弁当にごはんを持っていけないのが不安でしたが、しらたきパスタや厚揚げのおかげでお腹いっぱいに。2週目には、ミントガムがすごく甘く感じて味覚が変わった気がしました。

糖質オフ

毎日の食事を変えて「糖質コントロール」を!

食後血糖値に影響がない、カロリー0の自然派甘味料 「ラカントS 顆粒」

植物の「羅漢果(ラカンカ)」のエキスと、トウモロコシの発酵から作られる「エリスリトール」。2つの天然素材から作られた、カロリー0の自然派甘味料。食後の血糖値に影響がなく、人工甘味料不使用で体にやさしい。顆粒のほかに、シロップ(280g)もあり。

ラカントS顆粒/130g【健康食品売り場用】

ラカントS顆粒/130g【砂糖・調味料売り場用】

ラカントS顆粒/130g【健康食品売り場用】

ラカントS顆粒/130g【健康食品売り場用】

糖質36%オフなのに、食物繊維は白米の8倍!「へるしごはん」

白米と比べて、糖質36%オフのヘルシーなごはん。特別品種の高アミロース米と大麦、うるち米を特別な比率で配合。白米より低糖質なのに食物繊維は8倍で、味や食感もおいしい。いつものごはんを変えるだけで“糖質コントロール”に。

へるしごはん/150g

へるしごはん/150g

撮影/福島章公 イラスト/坂木浩子
(からだにいいこと2020年5月号より)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る