1. Top
  2. >楽しむ
  3. >エンタメ
  4. >芸能人インタビュー
  5. >松山ケンイチさん「違う感性をたくさん持ちたい」|癒やされタイム
松山ケンイチさんTOP

松山ケンイチさん「違う感性をたくさん持ちたい」|癒やされタイム

さまざまな役柄を演じ分けて、見る人を映像の世界へと引き込む松山ケンイチさん。東京と地方での二拠点で暮らす松山さんに、仕事とプライベートの“今”についてお聞きしました。

この記事をシェアする

松山ケンイチさん

松山ケンイチさん
まつやま・けんいち
1985年3月5日生まれ、青森県出身。2002年にドラマ『ごくせん』で俳優デビュー。以後、映画『デスノート』シリーズ、『聖の青春』、『ノイズ』、NHK大河ドラマ『平清盛』、TBS日曜劇場『日本沈没‐希望のひと‐』、舞台『hana-1970、コザが燃えた日-』など映画、ドラマ、舞台に幅広く出演。2022年は主演映画『川っぺりムコリッタ』の公開も控えている。

時間をムダにはできない 今しかできないことと向き合っていきたい、と改めて感じています

約3年前から東京と地方での二拠点生活をしている、松山ケンイチさん。家族とともに自然と触れ合いながら過ごす日々は、役者としての自身にも影響を与えているそう。

「ひとつの場所に引きこもってがんばっても、それはひとつの感性を極めることにすぎない。感性とは無限に広がるものだと思うんです。僕はひとつのことを深掘りするよりも、違う感性をたくさん持って、いろいろなキャラクターを演じられるようになりたい。感覚の違う、異なる環境で過ごすニ拠点生活は、それを得ていくのにぴったりなんです」

そんな生活のなかで撮影が始まった映画『大河への道』。松山さんが演じるのは現代の木下と、江戸時代の又吉という生きる時代が違う2つのキャラクター。どちらも中井貴一さん演じる役柄の部下にあたります。

「2011年にNHK大河ドラマ『平清盛』のオファーをいただいたとき、自分に主役が務まるのかと不安になっていました。そんなときに背中を押してくださったのが中井貴一さん。貴一さんは、まさに僕の“大河への道”を作ってくれた方なんです」

松山ケンイチさん

50歳を過ぎて日本地図の編纂に始めた伊能忠敬のエピソードを描いた『大河への道』。忠敬のその生き方を知り、改めて感じたことがあるそう。

「何かを始めるのに、今の年齢と10年後では違うはず。やりたいことがあるなら、時間をムダにはできないですね。今できること、今しかできないことと向き合っていきたい、と改めて感じています」

雑誌『からだにいいこと』6月号では松山さんのインタビューを4ページ掲載!

22年6月号 松山ケンイチさん掲載ページ

発売中の雑誌『からだにいいこと』6月号では、4ページにわたって松山さんのインタビューを掲載しています。Web版とは異なる写真も必見! あわせてお楽しみください。

『大河への道』5月20日より、全国にて公開

松山ケンイチさん 伊能忠敬
(c)022「大河への道」フィルムパートナーズ 配給:松竹

千葉県香取市役所の観光事業として、初めて日本地図を作った郷土の偉人「伊能忠敬」の大河ドラマの開発プロジェクトが立ち上がった。総務課主任の池本(中井貴一)は部下の木下(松山ケンイチ)と奮闘するなか、脚本作りの最中に忠敬の驚くべき事実を発見する。立川志の輔の新作落語を中井貴一の企画で映画化。

Amazon.co.jp: からだにいいこと 2022年6月号 [雑誌]

構成・文/山西裕美(ヒストリアル)撮影/福井麻衣子 スタイリスト/五十嵐堂寿 ヘアメイク/勇見勝彦(THYMON Inc.)

衣装協力:ベスト¥36,300、パンツ¥35,200(ともにマーカ/パーキング TEL:03-6412-8217)シャツ・参考商品(ジョセフ アブード/オンワード樫山 お客様相談室TEL:03-5476-5811)

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る