1. Top
  2. >暮らす
  3. >家事・生活のコツ
  4. >暑さ寒さも彼岸まで お彼岸のお墓参りに手作りおはぎはいかが?
おはぎ

暑さ寒さも彼岸まで お彼岸のお墓参りに手作りおはぎはいかが?

お彼岸にお墓参りをするのはなぜでしょう。今年の春は、お彼岸の意味を考えながら、ご先祖様に思いをはせてみませんか。手作りおはぎにも、ぜひチャレンジしてみましょう。

この記事をシェアする

お彼岸って、いつなの?

お彼岸は春と秋の2回、それぞれ「春分の日」「秋分の日」を中日に前後3日間のことをいいます。

太陽は真東から昇って真西に沈み、それぞれ昼と夜の長さが同じくらいになります。

仏教では西に「あの世」が存在するとされ、春分、秋分に「あの世」との距離が近くなると考えられています。

お彼岸にお墓参りをするのは、ご先祖様を大事にする日本の習慣と、仏教が結びついた日本特有の行事です。

日付については、太陽の軌道によるので固定はされていません。2022年の春分の日は3月21日なので、18日が「お彼岸の入り」、24日が「お彼岸の明け」となります。

お彼岸の供花に決まりはあるの?

供花

においが強くないもの、毒のないもの、棘のないもの、がよいとされ、かつ墓前に飾ることを考えると、長持ちする菊が一般的です。

今は特にこだわらず、故人の好きだった色や花で選ぶ人も多くなりました。

贈る場合は、中日までを目安にし、生花なので先方にいつ届くかお知らせしておくとよいでしょう。

おはぎ? それとも、ぼたもち?

ぼたもち

お墓参りのお供物として一般的なのがおはぎ。おはぎとぼたもちは呼び方が違うだけで品物は一緒です。春は牡丹の季節なので「ぼたもち」といい、秋は萩の花が咲く季節なので「おはぎ」と呼びますが、明確な決まりはありません。

小豆は秋に収穫され、秋分にはまだ皮が柔らかいので、粒あんでおはぎを作ります。春まで保存した小豆は皮が硬くなるため、春分にはこし餡にしてぼたもちを作ります。

お墓にお供えしたら、置いたままにはせず、その場で食べるか持ち帰りましょう。お墓の汚れや、カラスの被害を防ぐためです。

意外と簡単! おはぎ作りに挑戦

通常のお米の3分の1をもち米に変えて、普通に炊き、小豆餡を敷いたラップで包めばできあがり。

小豆を煮るのが面倒ならば、買ってきたものでもじゅうぶん美味しくできます。

餡をお米で包み、まわりにきな粉やゴマをまぶしてみるなど、いろいろアレンジしてみても楽しいでしょう。

おはぎ作り

手作りのいいところは、自分で甘さや具材の調整ができること。ダイエット中の人は、小豆餡の砂糖を減らしたり、いっそ餡を使わず、きな粉だけで作れば、カロリーを抑えることができます。

また、小豆やきな粉には、食物繊維や大豆イソフラボン、タンパク質が含まれており、女性にとってはうれしい栄養素が含まれています。

気候がいいこの季節、可愛いお重にお稲荷さんやおはぎを詰めて、ピクニックがてらお墓参りに行ってはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

Recommend Article Recommend Article オススメ記事

オススメ記事をもっと見る